<<    2022 / 11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>
ミクシー日記と同じ内容のものもあります。インポートが出来ないので、今までのblogはhttp://powerhall.biz/wp/
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
PROFILE
LINK
POWERED BY
Script by BLOGN+
Skin by 700km
OTHER
  • Admin
  • RSS 1.0
  • 処理時間 0.026787秒







Blog List
トラバピーポー


SEARCH THIS SITE






ちょっとラッキー

今日は週に一度行っている方の接骨医に朝から行って来た。
ここは駐車場がないので、朝父に送って貰い、
帰りはバスでと言うパターンが殆ど(;´∀`)

終わり、接骨医を出ると目の前を
私が乗る予定だった時刻のバスがー通って行ったorz
とりあえずバス停に行ったら、
次のバスまで30分も待ち時間がある(´・ω・`)

早く家に帰りたかったので贅沢に、
タクシーに乗っちゃった,、'`,、(ノ∀`)'`,、'`

降りる時に、タクシーの運ちゃんが、
半端分の50円をサービスしてくれたww
タクシーって、サービスしてくれるなんて初めて知ったわ。ラッキー


昨日、量販店に行くと、目の前の駐車場に財布が落ちている。
車を降りてそれを拾い、サービスカウンターに持っていた。


そこにいたババーが店長を呼び店長が出て来て、
1日だけ預かり後は警察に届けるという事を説明てしてくれた。

拾得者を書く用紙を渡されそれに住所と名前を書きながら
「これ落とし主が現れても、住所などを言わないでくれます?
なので電話番号も書きませんよ」と

ババーに言うと「それは困ります。
落とし主が電話番号を教えてくれと言えば
教えなければなりませんから」とボケた事を抜かす(☄ฺ◣д◢)☄ฺワシャー

「はぁ?今個人情報の事とかあるでしょ。
教えて欲しくないから言っているんですけど」と言うと
「それは絶対に出来ません」とババーは譲らない。

中にいた店長が丁度出て来たので同じ事を店長に伝える。
そうすると店長は「そうですよねぇ嫌ですよね。
落とし主が現れても、拾得者情報は一切伝えませんので安心して下さい」と

ババーは気まずそうな顔をしていたけど、
胸くそ悪いから睨み付けてやったよ( `д´) ケッ

これからは落ちている財布を見ても、知らん顔をしようと心に決めた。


|徒然::日常 | comments (2) | trackback (0)|